リフォーム 千葉 リホームプラザ

お問い合わせはこちら
お見積もりはこちら

水回りリフォームの時は、クッションフロアへの張替えも一緒に!


水まわりのリフォームをするなら一緒にクッションフロアへの張り替えがおすすめ

ご自宅の洗面所やトイレの床が、カビや傷があったり踏むとぶかぶかするということはありませんか?

この現象が発生しているならば、それは張り替えが必要なサインです。

一般的にお風呂やトイレといった水まわりの設備は約10~20年で劣化してしまうと言われています。

同時に、水まわりの床も湿気による腐食や経年劣化によってカビや軋みが発生してきます。

水まわりのリフォームを行う際に、一緒に新しいクッションフロアへのリフォームを行うことで、より快適な住まいづくりが可能となります。

こちらのページでは、水まわりの床に適した床材であるクッションフロアの特徴と、施工費用の目安、クッションフロアへの施工の工期についてご紹介します。




クッションフロアが水まわりにおすすめ!?

クッションフロアとは、名前にある通りの床材です。

発泡層クッションの役割を果たすことで、歩行感が柔らかく心地いいことが大きな特長です。

シート状の床材であるため継ぎ目がなく、液体が下に浸透する恐れがありません。

水をこぼしてしまったり、汚れが付着してしまったりしても水拭きが可能であるため、水まわりにとても適しています。

機能や色・柄のバリエーションが豊富であり、好みや必要に応じて選択することが可能です。

シートの厚みにも種類があり、一般的には1.8mm、よりクッション性が高いものが2.3・3.5mm、防音性の高いものが4.5mmとなっています。

クッションフロア トイレ 

クッションフロアの欠点として、塩化ビニルの特徴でもある傷やへこみに弱いことが挙げられます。

柔らかい床材であるため、硬いものを落としたりひっかいたりすることで、容易に傷がついてしまいます

また、ビニール素材特有の質感のため、高級感が薄くなるといった特徴があります。

改善策としては、ラグを敷いてクッションフロアを保護したり、大理石調などの柄を選ぶことで見た目の高級感を補うことができます。




水まわりに適した素材「塩化ビニル」

塩化ビニルはプラスチック材料であるため、耐水性や難燃性を備えています。

耐熱温度が60~80度という他の床材に比べ低い温度であることや、長時間重いものを置くとへこんでしまうという欠点があります。

これには、洗面所やトイレなどは床暖房を設置しない場合が多く、耐熱温度の懸念も解消されます。

また、リビングなどに比べ重い家具を置く機会もあまりないでしょう。

水まわりに必須な耐水性を備えた床材であることをメインに考えれば、水まわりに使用することで塩化ビニルの欠点を克服し、上手に使えると言えます。

塩化ビニルを使用した床材は、

シート状に成型した「クッションフロア」と、タイル型に成型した「フロアタイル」という2つの床材があります。

フロアタイルには継ぎ目があり、水が継ぎ目から浸透してしまう恐れがあります。

そのため、一般的に家庭ではクッションフロアが用いられています。

水まわりに適した素材「塩化ビニル」




クッションフロアは機能・デザインのバリエーションが豊富!


現在流通しているクッションフロアの多くは水まわりに使用されることを想定し、あらかじめ防カビ・抗菌機能が備えられています

他にもさまざまな機能があるため、自分のライフスタイルに合わせて機能を選ぶと良いでしょう。

水まわりにおすすめの機能を、ご紹介します。



耐次亜塩素酸対応

アルコール系の消毒に加え、塩素系の消毒にも耐えられる加工が施されたもののことを指します。

ノロウイルスなどの消毒には塩素系の消毒液を用いる必要があるため、この加工がなされている床材であれば変色の恐れを気にせず行えます。

小さなお子様やお年寄りのいるご家庭におすすめの機能です。

耐次亜塩素酸対応



消臭効果

クッションフロアの表面に消臭効果を持たせているものでは、臭いの原因となる悪臭成分やガスなどを吸着し、分解します。

消臭効果があるクッションフロアは、24時間消臭で臭いがこもりにくく、トイレなど臭いが気になる場所におすすめの機能です。

消臭効果



表面強化

傷がつきやすいというクッションフロアの欠点を克服すべく、表面が強化されたものもあります。

ひっかき傷などから床を守り、クッションフロアが痛むのを防ぎます。

小さなお子様やペットがいるご家庭におすすめの機能です。

表面強化


クッションフロアには表面の透明なビニール層の下に、色や柄が印刷された層があります。

印刷によって色・柄が決定されるため、無地や木目調、タイル風など様々なデザインを選ぶことが出来ます。




費用や工期の目安は?

床材の張り替えを行う場合、2つの方法があります。

古い床材を剥がして下地の上から新しい床材を張る「新規張り」と、床材を剥がさずに直接重ねて床材を張る「重ね張り」です。

重ね張りの方が施工が簡単で比較的安価に行うことが可能です。

しかし、下地の腐食具合を確認・補修できなかったり、重ねる分床が高くなってしまうという欠点もあります。

床にカビ・凸凹・激しい傷があったり、踏んだ際にきしみやぶかぶかという感触がある場合は、下地が腐食している可能性が高いです。

下地補修を含んだ新規張りをおすすめします。

床に色褪せや薄汚れが存在している程度で、費用を少しでも安く抑えたいという場合は、重ね張りを行うのも良いでしょう。



クッションフロアへの張り替え費用

張替えの面積や施工方法(新規張りか重ね張りか)などによって費用が前後します。

目安としては

キッチンの床をクッションフロアに張り替える場合は約5~10万円、

トイレ、洗面所は約2万円以上
かかるとされています。

水まわりの床をクッションフロアに張り替える場合、すべて行うと13~28万円程度かかると考えておくと良いでしょう。



クッションフロアへの張り替え工期

生活に必要な水まわりを工事する間ずっと使えないのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれません。

クッションフロアのみを張替える場合は半日~1日程度で完了します。

事前に準備していれば、生活に大きな支障が出ることはありません。

水回りの設備交換や壁材のリフォームも一緒に行う場合は、トイレ・洗面台は約1日~、キッチンは約3日~、お風呂は約3~4日程度が工期の目安です。

水まわり+クッションフロアへの張り替えの工期目安






水回りの内装リフォームのポイントまとめ

ここまで、水まわりに適した床材であるクッションフロアの紹介と、リフォームにかかる費用の目安をご紹介してきました。

いかがでしたでしょうか。

既存の床材が劣化していないか定期的にチェックし、交換時期には張替えのリフォームを行うことで、見た目の清潔さだけでなく、床下の木材を長持ちさせることができます。

「こんなクッションフロアへのリフォームはできる?」

「どんなリフォームが適しているか相談したい!」

といった場合は、ぜひリホームプラザにご相談ください。

お問い合わせはこちら

和室を洋室にリフォーム!畳からフローリングへリフォームするポイントをご紹介


和室を洋室に内装リフォーム!メリットや費用、リフォームのポイントをご紹介します!

「使いにくくなった和室を洋室にしたいけど、方法も費用も分からない」そんな悩みを抱えてはいませんか?実は最近、和室を洋室にリフォームしたいという需要が増えてきています。

結婚・出産など家族の変化や、経年劣化などによって住みづらくなってしまった和室を洋室にリフォームすることで、現在のライフスタイルに合う快適な住まいを作り出すことが可能です。

こちらのページでは、和室から洋室へリフォームするメリットや費用の相場、注意点といった基本的内容をご紹介します。

リフォームのポイントを押さえて、快適にお使いいただける洋室にリフォームしましょう。





和室を洋室にリフォームするメリットは?

畳や砂壁で出来た和室からフローリングの洋室にリフォームすると、部屋の雰囲気がガラッと変わり、部屋に合う家具も一新されます。

内装リフォームには、見た目の変化以外にも様々なメリットがあります。



お手入れしやすい

和室から洋室にリフォームすると、掃除やメンテナンスがしやすくなります

畳のお手入れでは、ほうきを用いた掃き掃除や布での乾拭きをこまめに行う必要があります。また、表替え、裏返しといったメンテナンスも求められます。

湿度が高い梅雨時期にお手入れをさぼってしまうと、畳が湿気を吸収してしまうためカビやダニが発生しやすい場所になってしまいます。

天日干しを行うことで畳に住み着くダニを駆除することが可能ですが、そうそう高い頻度で行えることではありません。

一方、洋室のフローリングは、掃除機とフローリング用ワイパーをかけると十分綺麗になります。水やジュースをこぼしてしまっても、拭き掃除で簡単に汚れを取り除けます

天日干しという大きな手間が省けるうえ、掃除が簡単ダニやカビの発生も抑えやすいというのは、洋室にリフォームする大きなメリットです。

掃除がしやすい



家具の跡が残りにくい、耐傷性を持たせられる

現在流通している家具の多くは、洋室で使用することを想定されたものがほとんどです。

和室に大きなテーブルやソファなど重量のある家具を長期間置くと、畳をへこませてしまう恐れがあります。

畳と比較して、フローリングは家具を置いても跡が残りにくく、耐傷性のあるフローリング材でリフォームすることも可能です。

自分の好きな家具を置き、模様替えも十分に楽しめるという点でも、和室から洋室へのリフォームするメリットがあります。

模様替えがしやすい



和室から洋室への内装リフォームする費用の目安

和室全体を洋室にリフォームする場合にかかる費用は、どこまでリフォームするか、新設するものはあるかで大きく変動します。

部屋の広さや使用するフローリング材によりますが、一般的な8帖の和室から洋室へフルリフォームする場合は60~80万円程度が相場となっています。

和室から洋室へリフォームする際に、ご提案させていただくことの多い、4点をご紹介します。



畳からフローリングへリフォーム

一般的なフローリングへのリフォーム費用相場は、20万円前後とされています。

防音のフローリングや無垢材のフローリングなど、使用する材質により30万円以上の高額なリフォームになることも少なくありません。

また、一般的な畳の厚さが約40~50mmであることに対して、フローリングは12mm程度の厚みしかありません。

隣り合う部屋との段差を解消するめに下地木工事も行います。

この時、断熱材や防音下地を入れるかどうかでもかかる費用が変わってきます。

機能と予算を照らし合わせて、施工内容を決定しましょう。

畳からフローリングへ



壁・天井を洋風に

壁や天井を張り替える内装リフォームをする場合は、20万円程度が相場です。

床とセットで行う15~30万程度の内装キャンペーンを企画している業者も多いです。

古い建築の和室だと砂壁や柱を露出した造りとなっているため、造作工事を行った後、クロス張りがされます。

現代建築の和室の多くは、合板に木目調のシートを貼っているだけであるため、比較的工事が簡単になり安く済む場合もあります。

壁・天井を洋風に



和室の押し入れをクローゼットに

畳をフローリングへリフォームする際に合わせて、押し入れも改修したいという方もいらっしゃるでしょう。

押し入れはもともとは布団を収納するためのスペースですから、衣類を収納するには使い勝手が良くありません。

襖を残して内側のみリフォームする場合は、10万円前後でリフォームが可能です。

襖を取り払い、折れ戸などに変更する場合は20万円程度かかるのが一般的です。

押し入れ内部の広いスペースを活用し、ウォークインクローゼットにリフォームする場合は50万円程度の予算を見積もっておくと良いでしょう。

押し入れをクローゼットに



襖から洋室向けドアへ変更

和室のドアを襖から変更したい場合、敷居の変更だけで可能な引き戸へのリフォームがおすすめです。

もともと扉の開閉スペースの無い状態で設計されているので、引き戸は和室から洋室へのリフォームに最も適しているのです。

引き戸へのリフォームは、1カ所あたり10万円程度が相場です。

襖からドアへの変更


これらの費用の目安は、お住まいの状況やご希望によって変わってきます。

具体的な金額を知りたい方は、ぜひリホームプラザにご相談ください。

お問い合わせはこちら



和室を洋室にリフォームする時の注意点

フローリング材の選択

一般的に用いられるフローリング材は、合板(複合)フローリングと無垢(単層)フローリングです。

それぞれにメリットとデメリットがあるため、好みや、床に何を求めるかで使用するフローリング材を選択しましょう。

合板フローリング

複数の板を重ね合わせて作るフローリングです。

メリット:1坪あたり8,000円程度と安価である。色や柄のバリエーションが豊富。耐水性・耐候性に加えキズにも強い

デメリット:見た目から高級感を得にくい。踏み心地が無垢フローリングに比べ硬い。

合板フローリング

無垢フローリング

主に無垢材(自然の木そのまま)を使用したフローリングです。

メリット:自然の木独特の柄やぬくもりを得られる。経年変化を楽しめる。木特有の調湿効果によって室内の湿度が一定に保たれる。

デメリット:水に弱く、シミになりやすい。木が柔らかいため傷がついたりへこんだりする可能性が高い。

使用する木材によっては非常に高価で、1坪あたり3万円程度かかることもあります。

防音性が低いので、マンションなどでは防音下地を入れる必要があります。

無垢フローリング

遮音フローリング

フローリングは畳に比べて、音が響きやすいという欠点があります。

マンションの場合は管理組合で、使用できるフローリングの遮音等級が決まっていることがあるため、管理規約の確認は必須です。

遮音性を高めるには、遮音性の高いフローリング材の使用や防音下地を入れることをおすすめします。


押し入れをクローゼットにする際は湿気に注意

クローゼットは通気性が悪く、非常に湿気のこもりやすい場所です。

和室から洋室へのリフォーム時には、収納内部の建材にまで注意しましょう。

吸放湿性壁紙珪藻土壁といった調湿建材を使用することで、大事な衣類や布団をカビから守ることが出来ます。

押し入れをクローゼットにする際は湿気に注意

和室から洋室へのリフォームにかかる期間は?

床や壁のみなど、部分的に行う際はそれぞれ2~4日程度で、1週間もかからずに和室から洋室へのリフォームが可能です。

しかし、部屋全体をリフォームする場合は、2週間から場合によっては一か月程度かかることもあります。

リフォーム中は該当の部屋を使用できません。

寝室として使っている方は生活の変化にストレスを感じられるかもしれません。

施工のタイミングや進め方などは、リフォーム業者としっかりと話し合うのが良いでしょう。

和室から洋室へのリフォームにかかる期間は?

賃貸のリフォームは不動産会社に相談を

多くの賃貸では、退去時に原状回復をして引き渡すという契約条件となっています。

そのため、和室から洋室に完全にリフォームしてしまうと、退去時の手続きが困難になる場合があります。

賃貸でリフォーム検討されている方は、トラブルを防ぐために、事前に不動産会社に確認しましょう。

賃貸のリフォームは不動産会社に相談を



リホームプラザの施工事例をご紹介

木更津市I様邸 内装リフォーム事例

2階の和室の畳をフローリングにしたいというご希望でした。

家を建ててから年数が経つとライフスタイルが変わり、使いやすい部屋の様式も変わってきます。

今回はお客様のご要望に沿えるように、間取りは変えず、壁・建具・照明器具を提案し、部屋全体の雰囲気を変えました。

リホームプラザは千葉県のお客様より、多くの内装リフォームをご依頼いただいています。

ぜひ、こちらの施工事例もご覧ください。






和室から洋室リフォームのポイントまとめ

和室から洋室へリフォームするポイントをご紹介しました。

和室から洋室へのリフォームは、部屋の雰囲気がガラッと変わるだけでなく、お手入れがしやすく、ダニやカビの発生も抑えやすいというメリットがあります。

壁や床だけのリフォームか、クローゼットの新設をするか、

などでリフォームの規模は変わりますが、部屋全体をリフォームする場合は50万円程度の予算を考えておくと良いでしょう。

「こんな洋室へのリフォームはできる?」

「どんなフローリングにリフォームできるか知りたい」

といった場合は、ぜひリホームプラザにご相談ください。

お問い合わせはこちら

木更津・君津・富津市でリフォームを検討中の方!リホームプラザきみつ店 y.sasakiです。忘年会




毎年、恒例の忘年会!

築地でのどぐろを食べる会


その前に

もうすぐクリスマスですね~


yuurakutyou.JPG


三時のおやつは文明堂~♬

bunnmeidou.JPG


のどぐろ原始焼き・唐揚げなどなどすべて美味しい~
nodoguro.JPG


nodoguro2.JPG


今年もイルミネーションが綺麗です。

ginnza.JPG





リフォームのことならリホームプラザまで!


 
市原店 イベント 千葉店 イベント ユニモちはら台店 イベント 茂原店 イベント 館山店 イベント カスタマーズセンター イベント イオンタウン稲毛長沼店 イベント きみつ店 イベント サンピア東金店 イベント イオンタウン木更津朝日店 イベント