リフォーム 千葉 リホームプラザ

お問い合わせはこちら
お見積もりはこちら

浴室リフォームで失敗してしまう理由は?


浴室リフォームで失敗してしまう理由は?

浴室は毎日の疲れを癒す重要なリラックス空間です。在来工法の寒いお風呂に悩み、温かいユニットバス・浴室リフォームをされる方も多いです。しかし、なんとなくおすすめされたから、予算の関係で仕方なく、など浴室リフォームに失敗してしまい、後悔が残ってしまうことも。

こちらのページでは、浴室リフォームに失敗しないために、具体的な失敗例やリフォームのポイント、リホームプラザがお悩み解決のリフォームをする流れをご紹介します。決して安い買い物ではありませんので、慎重に検討されている方にこそぜひ読んでいただければと思います。




浴室リフォームでよくある失敗は?

新しいピカピカのお風呂でゆったりのんびりバスタイムを過ごされることを夢見て浴室リフォーム、リフォーム後に使いづらい点や、デザインなど気に入らず後悔してしまうこともあるでしょう。他にもどういった失敗が浴室リフォームで起こりやすいか見ていきましょう。


・浴室リフォーム 失敗 その① 浴槽の形状がしっくりこない


浴槽には、クレイドル型、スクエア型、ワイド型など異なる形状が用意されています。それぞれの形状によりメリットがありますが、今までクレイドル型だったのに直線のデザインがメインのスクエア型にしたら、入浴時に違和感を覚えるようになったということがあります。

ショールームで実際に浴槽に入られていると分かりますが、長年浸かってきた浴槽の形状が一番リラックスできる方もいらっしゃいます。また、浴槽の高さも体に合っていないと跨ぎにくく出入りがストレスになることもあります。

浴槽には、クレイドル型、スクエア型、ワイド型など異なる形状が用意されています

・浴室リフォーム 失敗 その② カビや汚れが減らない


浴室リフォームをすればお手入れのし易いお風呂になる、ということではありません。在来工法でよくあるタイルの壁のままであれば、壁面のお手入れでカビの発生改善などは難しいでしょう。

カビや汚れにお悩みの場合は、壁材をパネル・フィルムのものにすることで乾きやすく汚れにくい風呂壁にすることができます。

お手入れ

・浴室リフォーム 失敗 その③ いらないオプションがある


浴室リフォームをされる際に、各メーカーさんのユニットバスカタログを見られると思いますが、標準仕様以外にも多くのオプションが用意されています。壁や浴槽の色やデザインだけでなく、収納棚やテレビ、ミスト機能なども取り付けることが可能です。

リフォーム検討中は様々な設備に思いをはせ、あれもこれもとオプションを追加することで見積もりが膨れてしまうこともあります。実際にリフォーム後のお風呂を使われるご家族で、本当に必要な設備、オプションを見定めていきましょう

浴室 テレビ

・浴室リフォーム 失敗 その④ 色やデザインがこれじゃない


最近のユニットバスは色味やデザインが豊富で、TOTOのサザナであれば30種類の色・デザインからご希望のものをお選びいただけます。白や水色であれば清潔感、木目調は温かみを感じられます。黒などの暗めの色であれば高級感を演出できます。

しかし、浴槽が黒いデザインは白い水垢が目立ってしまったり、カラフルな入浴剤がいまいちよく分からない色味になってしまったりします。

また、浴槽も床も天井も壁も全て暗い色にしてしまうと、重苦しい雰囲気になってしまう失敗もあるので、デザインや色はお風呂全体を考えてコーディネートしましょう。

浴室 色やデザイン

・浴室リフォーム 失敗 その⑤ 希望のタイミングでリフォームできなかった


長年お風呂の不具合に悩まれ、いざリフォームしよう!と思っても希望のタイミングでリフォームできなかった、などの失敗もあるでしょう。

浴室リフォームの工期自体は、ユニットバスからユニットバスへのリフォームであれば約4日程度、在来工法からユニットバスや、元の広さからサイズアップするなどの大規模リフォームは約6日程度が目安です。

ですが、希望されるユニットバスの仕入れがメーカーサイドで滞っている場合や、リフォームされる施工店の状況によっては数か月待ちの時間が出来てしまうことも。

冬場のヒートショックを防止するために暖かいユニットバスにされたい場合は、ぜひ早めの春・夏頃からリフォームのご相談をされてみてください。

浴室リフォーム

浴室リフォームを成功に導く、リホームプラザのリフォームの流れはこちら!


ここからは、浴室リフォームを成功に導く、リホームプラザのリフォームの流れをご紹介します。お客様のお住まいや、設置されたいユニットバスの納品状況によって変わってきますので、ご注意ください。


お問い合わせ


目安は浴室リフォーム開始の2~3か月前がオススメです。 リホームプラザは、千葉県密着でリフォームをさせていただいております。

迅速に駆けつけて、水まわりのお悩みを解決しておりますので、浴室リフォームで「こんなリフォームはできる?」「具体的な見積もりを相談したい」などと思われた際は、ぜひお電話・HPのお問い合わせフォームやLINEからご連絡くださいませ!

浴室リフォーム お問い合わせ

現地調査


リフォームの対象となるご自宅、お住まいを拝見させていただきます。リホームプラザがお伺いし、ご希望のリフォームが可能か、施工する上で問題点が無いかなどプロがしっかりと調査させていただきます。

浴室リフォーム 現地調査

プランのご提案、ご契約


現地調査結果と、お客様のリフォームのご要望を様々な角度から検討し、お悩み解決に最適なリフォームプランをご準備いたします。

設置するユニットバス、浴室リフォームの施工内容・予算など細かな部分までご納得いただけるまで打合せとご提案を行い、ご契約いただきます。

浴室リフォーム プランのご提案、ご契約

施工開始!


では、いよいよリフォーム開始です!

在来工法からユニットバスへリフォームされる場合は、まず既存の浴室を解体します。その後配管工事、必要があれば基礎断熱なども行いコンクリートを打設していきます。

壁の断熱材設置も完了したら、ユニットバスの組み立て、天井や壁のパネルを施工します。オプションのこまごました施工や開口部の防水までしっかり行い、浴室リフォームが完了です!



完工・お引渡し


リフォームが完成し、社内基準のチェックをクリアしましたらお引渡しとなります。生まれ変わった浴室をお客様ご自身でもチェックいただき、不具合がないことをご確認いただきます。

浴室リフォーム 完工・お引渡し

アフターフォロー


リホームプラザは千葉県密着ですので、万が一不具合が生じたときも迅速に対応させていただきます!浴室リフォームの目安は15年~20年ですが、設備の劣化や追加でご要望がありましたら、ぜひご相談くださいませ。

浴室リフォーム アフターフォロー



浴室のリフォームで失敗しないように、リフォームのポイントをご紹介させていただきました。

実際にご自宅にどんなユニットバスが合うか、お見積もりの具体的な金額等知りたい方はぜひ弊社にご連絡くださいませ!地域密着でリフォームさせていただいている実績から、ご満足のお風呂リフォームを実現します!


お問い合わせはこちら


浴室リフォームで断熱性能を高めてヒートショックを防止しよう!


浴室リフォームでお風呂場の断熱性能を高める

浴室リフォームでお風呂場の断熱性能を高めることは、ヒートショックからご自身、ご家族の命を守ることにもつながります。ヒートショックとは、寒暖差の影響で血圧が乱高下する健康被害です。風呂場やトイレはこのヒートショックが発生し命を落とす確率が高く、ご高齢の方にとっては非常に危険な場所でもあります。

こちらのページでは、浴室リフォームを行うことで断熱性能を高め、快適な浴室を作るポイントをご紹介します。冬場になってから浴室リフォーム、断熱リフォームを行うとなると、製品の仕入れ状況によっては1か月以上待たなければいけない可能性もあります。ご自宅の浴室の断熱性能に不安があるのであれば、事故が起こる前に早めの浴室リフォームをご検討されてみてください。




浴室リフォームでヒートショックを防止!

浴室リフォームを行い断熱性能を高めると、ヒートショックは起きないのでしょうか。

そもそも、ヒートショックとは、寒暖差により血圧の乱高下することを言います。血圧が急激に高まり、また急激に低くなることで心筋梗塞、脳梗塞などを発症してしまいます。お風呂場で体調を崩すと転倒や溺れてしまう事故が発生します。

冬場のお風呂はヒートショックが起きやすいです。冬場に暖かい室内から寒い洗面所・脱衣所に移動すると、体温を維持するために血管が収縮、その収縮から血圧が急上昇します。その後入浴するためにお風呂場に移動、寒い日であれば40℃近い湯温でしょうか、浴槽に浸かることで血管は拡張子、血圧は急降下します。

この血圧の変化により心臓や脳にダメージが行き、浴室での事故が起きてしまうのです。寒い場所と暖かい場所を行き来するだけでも、身体の中では大きな負担がかかるということです。

ヒートショック

ヒートショックの危険性があるのはご高齢の方だけでなく、若い方でも生活習慣病を抱えている方は要注意です。「自分は大丈夫」から、「かもしれない」という意識に変えてお住まいの特に寒暖差が激しい場所は対策していきましょう。

ヒートショックを防止するには、お湯にゆっくり浸かる、洗面所とお風呂場を予め温めておくなどの方法がありますが、リフォーム会社である、リホームプラザだからこそお伝えできるのは浴室リフォームでの防止策です。次の項目で断熱性能を高める浴室リフォームのポイントをご紹介します。

ヒートショックは浴室での発生件数が多いので、浴室リフォームで防止策を取られることをおすすめします。


浴室リフォームで断熱性能を高めよう


では、浴室リフォームで断熱性能を高める4つのポイントをご紹介します。

リフォームポイント①~断熱構造がある製品を選ぼう~

ユニットバスは年々進化を続け、お湯を張ってから4時間経過してもほとんど湯温が下がらない浴槽などがあります。リホームプラザでは、TOTOさんの「魔法びん浴槽」が標準仕様のサザナという製品をお得にリフォームいただけるメニュー表をご用意しています。

浴槽断熱材


この浴槽には、発泡スチロールの浴槽断熱材の中に浴槽があり、発泡ウレタンを芯材にした断熱ふろふたを組み合わせることで、湯張りから4時間後でも温度低下は約2.5℃以下という高断熱の仕組みがあります。


断熱性能が高いと高額な商品に思われるかもしれませんが、リホームプラザでは定価よりもお得にリフォームいただけるようになっています。

冷めにくいお風呂にリフォームすることで追い炊きの頻度が少なくなり、光熱費の節約・環境に負担をかけない暮らしにも繋がります。

リフォームポイント②~天井・床下の断熱リフォーム~


浴室リフォームでは、天井や床下に断熱材を設置することも重要なポイントです。戸建て住宅の場合は北側に浴室を設けるケースが多いのですが、浴室の床下に断熱材対応を行っていないと、底冷えする寒い浴室になってしまいます。

いくらユニットバスの断熱性能が高い製品を設置しても、基礎から断熱性能が低い場合は効果も低くなってしまいます。この場合は、浴室の基礎断熱の工事が必要になります。

基礎を断熱材で覆っていき、配管を通した穴などの隙間をきちんと埋めることで浴室の断熱性能を高め、温かいお風呂場になります。

天井や床下の断熱

リフォームポイント③~浴室リフォームは窓も含めて断熱~


浴室の窓も断熱できるポイントです。そもそも家に関わる熱の6割が、窓や玄関などの開口部から出入りしています。体を洗っていると何気なく感じる隙間風や、窓辺の冷気を感じられたことはないでしょうか。

せっかく温かいシャワーで浴室内がホカホカになっても、外気に接している窓から熱が奪われているのでは非効率この上ないですよね。

浴室の窓も断熱できるポイント


窓は二重窓や、樹脂製のサッシ・複層ガラスにリフォームすることで断熱することができます。既存の窓に新しい窓をかぶせるカバー工法であれば、1日で新しい窓に生まれ変わるので、浴室リフォームを行う予算や工期にお悩みの場合は、窓のリフォームからご検討されるのも良いかもしれません。


リフォームポイント④~浴室暖房機の設置~


浴室リフォームの断熱性能を高めるポイント、4点目の最後は浴室暖房機の設置です。浴室暖房機は浴室暖房乾燥機とも呼ばれます。電気式(ヒーター式・ヒートポンプ式)とガス温水式があり、浴室暖房機内部のヒーターが温められて温風を発生させるヒーター式が導入コストが低く、人気となっています。

TOTOの三乾王という商品では、入浴前からタイマーで浴室を温めておき、入浴中は心地良い程度の温風に切り替えられる機能などがあります。浴室暖房機で温かいお風呂場になるのはヒートショックの防止にもなりますが、梅雨や冬場の衣類乾燥にもお使いいただけます。

浴室暖房機の設置

お得に断熱性能の高いユニットバスへリフォームが出来る?

浴室リフォームで断熱性能を高めるポイントをご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか。最後に、お得にユニットバスリフォームする方法をご紹介します。

実は浴室リフォームで、特に断熱性能の高いユニットバスへのリフォームでは、2023年3月31日まで申請可能な「こどもみらい住宅支援事業」が利用いただけます。

対象の高断熱浴槽の設置で最大で24,000円の補助金が受け取れますので、ぜひこちらもチェックされてみてください。


こちらの補助金は、申請ができるリフォーム会社が限られるので注意が必要です。リホームプラザでは取り扱いが可能ですので、お得に断熱性能の高い浴室にリフォームされたい場合はぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら





市原・袖ヶ浦方面でリフォームを検討されている方! リホームプラザ市原店の井上です


リホームプラザ市原店では「快適リフォームフェア」を 5月21日(土)~22日(日)に開催します!